がん保険の必要性とおすすめしたい方を紹介

2人に1人が罹患すると言われている「がん(癌)」。

医療の進歩が進み、今では早期発見・早期治療で生存率も向上しています。

しかし、治療は長期化するケースも少なくなく、医療費の負担は決して軽くはありません。

また、負担は治療費だけでなく、一家の大黒柱の場合は収入が減少・ストップにより大きな影響を受けることも。

そこで加入しておくと安心なのががん保険ですが、中には必要が無いと思っている人も多いでしょう。

今回は、そんながん保険の必要性について詳しく紹介していきます。

がん保険とはどんな商品?

がん保険とはどんな商品

がん保険は、生命保険会社から販売されている商品です。

医療保険は病気やケガに伴う入院・手術の保障が受けられますが、ガン保険は「がん」になった時だけが保障対象。

ただし、その分保険料が安いので、ガンのリスクに対してのみ備えたい方におすすめの商品となります。

がん保険の保障内容は一般的に「診断一時金」「治療給付金」「入院給付金」「手術給付金」の4つです。

人気の理由は診断給付金

がん保険が人気の理由は診断一時金と呼ばれる給付金がもらえること。

これは、医師から診断された時点で100万円や200万円など、まとまった保険金を受け取ることができます。

しかも、この保険金の使い方は自由。

治療費のに充てたり、生活費に充てたりできるため、非常に評判の良い保障です。

まとまったお金がもらえると安心なので、これからの治療に集中できますよね。

がん保険の加入が必要な方

がん保険の加入が必要な方

日本には高額療養費制度があり、医療費が限度額を超えると、超えた分のお金はの後から戻ってくる制度です。

つまり、医療費の負担額は一定の基準に達すると免除されます。

この制度のおかげで医療費の負担を最低限に抑えることができることから、がん保険に加入するのは保険金負担が「もったいない」「いらない」という考え他の人も多いです。

確かに、医療費の負担を軽減することは可能ですが、そうはいっても下記のような方はがん保険への加入をおすすめします。

貯蓄があまりない

まず、貯蓄があまりない人はがん保険は必要かと思われます。

ガンを罹患したら必要なお金は治療費だけではありません。

まず、働き盛りのサラリーマン世代でがんになってしまうと、仕事を休んだり、退職したりする必要があります。

つまり、収入が下がるのに医療費などで支出が増えることになってしまいます。

健康な時にがん保険に加入しておけば、保険料の負担は生じますが、ガンになったときは保険金で経済的負担を抑えることができるというリスクヘッジになります。

貯蓄がたくさんある方の場合、その分で生活費や医療費を補填できるため、不要かもしれません。

しかし、貯蓄が無い場合はお金が回らなくなり、生活的に困窮してしまうリスクが高くなり、がん保険の必要性が増します。

先進医療など治療の選択肢を充実させたい

がんの治療に様々な選択肢があり、中には先進医療と呼ばれている治療法もあります。

重粒子線、陽子線治療などが、ガンでは効果的な治療として期待されていますが、技術料は公的医療保険の対象外であり、全額自己負担となってしまいます。

重粒子線治療の場合、技術料が200万円以上かかることもあり高額です。

がん保険では、先進医療に関する保障も特約プランで用意されており、契約の際に付帯しておけば、先進医療にかかった費用も保障対象になります。

つまり、がん保険に加入しておけば、高額な先進医療の治療法を選択肢に入れられることになり、より効果的な方法でガンを治療することが可能になります。

がん家系である

両親や兄弟など親族にガンに罹患した人がいる場合、自分もガンになる可能性があります。

リスクが高い場合は、そのリスクに備えて最善の方法をとっておくことが重要です。

がん保険に加入しておけば、万が一自分もガンに罹患しても経済的に困窮することなく、また、最適な治療法を用いて回復に専念することができます。

お守りとしてがん保険に加入することをおすすめします。

おすすめの選び方

おすすめの選び方

がん保険の必要性をもし感じた場合、おすすめの選び方を紹介します。

保険料が安いなど安易な考え方で加入してしまうと、十分な保障が受けられずに後悔してしまうので注意しましょう。

押さえておきたいポイントは下記となります。

診断給付金の支給条件

がん保険で人気の高い診断給付金。

しかし、販売されているがん保険の商品によって条件等が異なるので注意しましょう。

たとえば、保険料の安いがん保険は1回給付されたら、数年後に再発してもその時は診断一時金が支給されないことがあります。

必要性を感じてがん保険に加入するのであれば、やはり複数回支給される条件の商品がおすすめです。

通院保障の有無

最近は、がんでも長期間入院することが少なくなっており、退院後に通院で治療することが主流となりつつあります。

したがって、入院の保障期間が長期・無制限といったプランにするくらいなら、入院の保障期間は短期間とし、通院保障を手厚くするほうがおすすめです。

先進医療特約

上記で説明した通り、先進医療の技術料は保険が適用されず全額自己負担です。

特約プランの場合が多いですが、つけておくことで通算1000万円程度の保障が受けられるので安心感が違います。

保険料も月々500円程度なので、負担もそこまで重くありません。

インターネット完結型のがん保険

がん保険の必要性を感じるけど、保険料は安いほうが良いという人も多いと思います。

その場合、保険無料相談などの来店型で契約するよりも、インターネット完結型のがん保険に加入することをおすすめします。

インターネット完結型のがん保険は、自分と保険会社が直接契約するため、保険ショップのような代理店を間に介しません。

したがって、代理店に手数料を支払う必要が保険会社にない分、保険料が安くなっています。

保障内容は充実しているのに、保険料は安くできるのでインターネット完結型のがん保険は魅力的ですね。

https://rakuya-k.co.jp/cancer-insurance/